水泳 ダイエット 効果

サイトマップ

水泳をすることでダイエットができるという人はたくさんいますが、ダイエットは水泳にいいものでしょうか。

ダイエットが水泳にいいのは、カロリーを多く使うためです。55sの人が1時間歩くと、消費するカロリーは120kcalです。これが水泳で消費するカロリー量は格段に多く、平泳ぎ1時間で600キロカロリーを使います。

平泳ぎではなくクロールにすれば、1000kcalのカロリーが消費です。

水泳は、水圧による体の刺激もあります。1.3トンの水圧が体にかかると言われています。全身に水圧による刺激がかかるため、血の巡りもよくなり、新陳代謝も促進されます。

背筋や腹筋を使う運動もできるといいます。水の抵抗にさからって運動をしなければならないため、水の中では地上の10倍の労力を費やして運動をすることになります。

水泳もいいですが、水中ウォーキングもいい方法です。水の抵抗が強いことから、水の中で体を動かすこと自体が大変なためです。インナーマッスルという、体の奥の部分にある筋肉を効率的に使うことができます。

地上で行うジョギングやランニングは、膝や腰などに自分の体重がかかるため、体重のある人はできない場合があります。関節に体重をかけすぎたくない人は、水の中での運動がおすすめです。水中には浮力があるため、体重が負担になりません。体重の全てを足で支える必要がなくなるため、下半身の筋肉が多くなりすぎる心配はありません。

プールは、温水プールでも体温より冷たいものです。水中にいても体温が下がらないように、人間の体は代謝を活発にしてエネルギーを作りますので、ダイエットに効果的です。気軽にダイエットをしたいのであれば、水泳の習慣をつけるといいでしょう。


「水泳のダイエット効果」について

水泳のダイエット効果について。

Copyright © 水泳のダイエット効果. All rights reserved